月と太陽をシンボルとするラブラドライトって?

ラブラドライとは、曹灰長石とも呼ばれ、灰色が基本の中にブルー、グリーン、ピンク、オレンジ、ゴールドの色が混ざり合い、磨くほどにレインボーの光沢が現れる美しい石で、しかも人気が高くその中でも特にレインボーに輝く部分が多いものをスペクトロライトとと呼び、手にする人を幸運に導きます。
ラブラドライトは、気分がコロコロと変わり、物事が中途半端になってしまう人や、すぐにやる気がなくなってしまい、最後までやり遂げられない人にオススメです。
考えがまとまらず、何をどうしたら良いのか自分でもわからないという人は、ラブラドライトの輝きと色を見つめながら、ボーっと時間を過ごしてください。
つまり有意義に仕事や考え事をせず石を見つめることにより、人によっては異なりますが、イメージが広がりその中から自分に適した答えを探し出すことができるのではずです。
この石が放つ輝きは銀河系からのメッセージを伝えるものだとも言われているので、信念を貫く力を強くしてくれる石なのです。